三脚付き自撮り棒 お勧めベスト3 2020年 厳選比較決定版

2020年7月28日


三脚付き自撮り棒 お勧めベスト3 2020年 厳選比較決定版

スマートフォンで写真を撮る方も多いと思いますが、自撮り棒があるとさらに便利になります。

旅行に行った時に自分も写真に含めて風景をきれいに撮影できたり、家族や恋人、友人達と一緒に写真を撮ったりするときに、とても大活躍します。

もちろんそれだけではなく、例えば、Youtuberや動画撮影を趣味にしている方は、自撮り棒があればレポートする時に自分に向けて動画撮影することも容易にできますし、三脚付きの自撮り棒であれば、スマホスタンドとしても使えます

自撮り棒の別名はセルカ棒

自撮り棒は、別名、「セルカ棒」とも呼ばれています。

なぜセルカ棒と呼ばれているかと言うと、「“セル”フで撮れる“カ”メラ用の“棒”」というを言葉を略して、セルカ棒と呼ばれるようになったと言われています。

ちなみにセルカとは和製英語なので、通常、自撮り棒は英語では、Selfie stick(セルフィ―スティック)と呼ばれています。

自撮り棒選びは奥が深い!

自撮り棒選びは単純そうに見えますが、実は奥が深くて、チェックするポイントがいっぱいあります。

今日は、自撮り棒を購入するにあたって、1週間以上調べまくった私のノウハウや選択する上での重要ポイントを皆さんにお伝えしていきたいと思います。

自撮り棒はネットで買うのがベスト

自撮り棒は店頭で選ぶよりもネットで買った方が安くて性能の良いものを買うことができます。

自撮り棒を購入するのであれば、一番オススメなのがアマゾンです。

次は楽天市場でしょうけど、アマゾンよりも価格が高いですし、返品も気軽にできないと思います。

もしネット通販以外で自撮り棒を買いたいと思うのであれば、ヨドバシカメラやビックカメラ、ドンキホーテやホームセンターなどに行けば買うことができると思いますが、実店舗に置いてある自撮り棒は種類もそんなに多くはなく、大きくて重くて、値段が高いものが多いです。

先日、ドンキホーテにどんな自撮り棒を販売しているのかチェックしに行きましたが、自分が欲しいと思うような自撮り棒が売っていませんでした。

たとえば、これは45cmまでしか伸びない。その割には高い。

ものすごく重くて、かさばりそうな自撮り棒

値段は高いのに、ただの三脚!?

特に、三脚付や、LEDライト付きのような、機能性のある特殊な自撮り棒に関しては見つけるのは、店頭で見つけるのはものすごく難しいと思います。

LEDライト付きは売っていない。。。

ダイソーの自撮り棒

ダイソーにも自撮り棒が販売されていますが、300円でシャッターはイヤホンジャックタイプのみ。iPhoneでは使えません。

探す時間も勿体ないですし手軽に変えて、値段も実店舗で買うよりも安いネット通販がお勧めですし、気に入らなかったら気軽に返品できるアマゾンで購入することをお勧めします。

昔の自撮り棒でも性能が悪いとは限らない

通常、パソコンや家電製品等は、最新型モデルが最も進化していると思いますけど、自撮り棒に関しては、一昔前のものでも良いものがあります。

2018年に、至れり尽くせりの完璧と言われて、ものすごく絶賛された自撮り棒がありました。

HSUという会社から発売していた自撮り棒でして、完璧な自撮り棒という称号もあったくらいの自撮り棒です。

このセルカ棒をYoutubeでチェックしてみましたけど、私が見てもものすごく魅力的に感じました!

自撮り棒本体にバッテリーがあり、自撮り棒自身がモバイルバッテリーになるみたいですし、LEDライト付き、リモコンはもちろんBluetoothリモコンです。

さらに魅力的だと思ったのは、スマホホルダーを折りたたんだ時にリモコンの部分がスマホホルダーによってカバーされます。

これによって、カバンとかリュックの中に自撮り棒を入れていても、自動的にリモコンのスイッチが入ることを防ぐことができ、バッテリーの消耗を防ぐことができます。

実は、以前私はアマゾンで人気のあった自撮り棒を買ったことがありましたけど、カバンの中に入れている、ボタンの部分が勝手に押されてしまい、いざ使おうとしてもバッテリー切れになってBluetoothリモコンが使えないと言う事態が多発していました。

ですので、HSUの自撮り棒は非常に欲しかったのですが、おそらく生産数のロットが決まっているものであったため、現在日本で買うことができない状態です。

手当たり次第、調べてみると、かろうじてYahoo!ショッピングで買うことができるみたいですけど、販売している業者がかなり悪い業者みたいで、注文を入れても、商品が届かなかったりするそうです。恐らくHSU自撮り棒の人気にあやかり、入手できないのに、注文だけ受け付けているのではないかと思います。

同時期の2018年くらいに発売されたHumixxの自撮り棒も高評価でした。

Humixxの自撮り棒についても、もちろん三脚がありますし、4分の1ネジが付いており、スマホホルダーの出っ張りの部分も、自撮り棒の本体にうまく噛み合い、サイズも非常にコンパクトになり、軽量でした。

これも買いたいと思いましたけど、既に品切れで買うことが出来ませんでした。

たまにメルカリとかで類似品が発売されていますけど、4分の1ネジが付いていないものばっかりするので、ご注意ください。

ちなみに自撮り棒に関しては、OEMで製造しているものが多いため、全く同じ形や性能で、ブランドだけ別というものが結構、散見されます。

販売者によって自撮り棒本体だけ発売しているところもあれば、サービスで自撮り棒を入れる袋を付けているところもあります。

自撮りを選ぶときの8つのポイント

では今から本題の自撮りを選ぶときの8つのポイントについてご説明していきたいと思います。

1. 自撮り棒の長さ(サイズ)

サイズに関しては、棒を伸ばしたときの最長の長さのほかに、縮めた時の最短の長さも非常に重要です。

理想的な最短の長さは、20センチ未満だと個人的には思います。

長さが25センチ位もあると、かなり長さを感じてしまいますし、携帯性も落ちると思います。

棒伸ばしたときの長さに関しては、最低でも60cmは欲しいです。

理想は100cm

110cm~120cm位あれば、かなり汎用性がアップすると思いますが、安定性が少し落ちると思いますし、長い分、重くなるので、長さと重さのバランスを考えたときには、最長1メートルくらいがちょうど良いと思います。

2. 自撮り棒の重量

あまり重すぎても携帯性に欠けるので、自撮り棒の重さは200グラム未満が理想です。

これなんかは理想のサイズ↓ 私、一押しの自撮り棒です。

ステンレス製か、アルミ製かで重量が変わってきますが、軽さと丈夫さを兼ねたアルミ製を選ぶ方が良いと思います。

アマゾンで販売している自撮り棒では、実際の商品と商品説明が違うことが多々あります

1番多いケースが自撮り棒のシャフトの部分が「アルミ合金」と書いてあったのに、実際に届いたものはステンレスであるパターンです。

もしアマゾンのサイトに書いてある商品説明と、届いた商品は違っていたら、遠慮なく返品処理をしましょう。返品に関しては気軽にできます。

Amazonで購入した商品の返品方法は、別途記事を書いてあるので、よかったらご一読ください。

3. Bluetoothリモコンが付きであること

リモコンは、自撮り棒本体についているものとBluetoothで分離できるものもありますが、Bluetoothで取り外せるものが圧倒的に便利です。迷わずこっちを選びましょう。

あとBluetoothタイプの場合、バッテリーに

a) ボタン電池を使うタイプ

b) USBで充電するタイプ

以上2つのタイプがあります。

USBで充電できるタイプの方が便利だと思います。

もしボタン電池タイプのものを選びたい場合は、予備の電池も買って持参するようにしておきましょう。

また、ボタン電池タイプのものは、フタが取り外しやすいものと、取り外しにくいものがありますので、その辺もきちんとチェックしたほうがいいです。

電池交換の方法に関して、Amazonでは自撮り棒の説明ページの下のほうに書いてあることが多いです。隅々までウェブ上に書かれている説明を読んでみてください。

あと、細かい話になりますが、自撮り棒を持ち運ぶ時には、カバンに入れたり、リュックに入れる方がほとんどだと思いますけど、リモコンのボタンが出っ張っていたり、むき出しになっていると、知らない間にリモコンのボタンが入っており、電池が消耗してしまって、いざ使いたい時に電池切れで使えないと言う事態が発生します。

リモコンのボタンは、自撮り棒の側面にむき出しになっていないタイプ(スマホホルダーが覆いかぶさるもの)か、スイッチの部分が凹んでいるタイプが最高です。

上記のHSUやHumixxの自撮り棒は、まさにそのタイプでした。

4. 上下の可動域角度(クランプ上下の角度)とスマホホルダーの回転角度

上下の可動域角度(クランプ上下の角度)とは、スマホを自撮り棒に取り付けたときに、変えることのできる角度になります。

270度以上角度を変えることのできる自撮り棒ならば合格だと思います。

220度までしか変えられないものも多いので、スマホホルダー縦(上下)の可動域は必ず事前にチェックしましょう。

回転角度とは、スマホを取り付けてからスマホを縦にしたり、横にしたり自由に角度を変えられるかどうかのことです。いまや360度回転するのは普通です。

一般的には縦と横で使うことになると思いますので、どちらかに回転できるのであれば問題ないと思います。

気を付けなければならないのは、粗悪品の自撮り棒によっては、スマホの角度を変えようとして回転させると、擦れてスマホの本体に傷つくケースがあります

そのような自撮り棒かどうかは、レビュー評価のコメントを読んで事前にチェックしてください。

5、スマホホルダーの可動域角度固定のネジの有無

スマホホルダーの可動域を変えるときに、ネジを緩めて角度を決めてから、最後にネジを締めることによって固定する方式か、もしくはスマホが曲げられる角度があらかじめセットしており、その角度しか曲がらない方式かはチェックしてください。

角度変更時に締めるネジがない方式ですと、長年使っていくうちに、スマホホルダーの根元の部分が緩み、スマホの重みで頭が垂れてしまい、使い物にならなくなる可能性があります。

以下の画像は、ネジ式ではないもの。

調べた範囲では、ネジ式でなくても緩くはならないというレビューが大半でしたが、なかにはスマホが重くて頭が垂れて来たというレビューもありました。

個人的には、角度を固定するネジがあったほうが良いと思っています。

6. 三脚タイプを選びましょう!

最近の自撮り棒には三脚が付いており大変便利です。

「とても軽い自撮り棒を探している」といった特殊な条件がない限り、
三脚タイプのものをお勧めします!!

便利さが圧倒的に違うからです!

三脚には、大きく2タイプあります。

a)持ち手の部分を広げるタイプ

持ち手を広げるタイプは、三脚にしたときの設置面積が小さいので、狭い机の上でも三脚を立てることができます。あと根っこの部分がもろくて不安という声もあります。

b)持ち手の部分にはめ込まれているステンレス製の棒を開くタイプ

本体にステンレス製の棒がはめ込まれています。

展開するとこうなります。安定感は抜群です!

ステンレス棒を本体から引き出すタイプのものは、安定性が高い一方、広いスペースを必要とします。

どちらが良いかは、好み次第です。

ちなみに、持ち手が三脚になるタイプのものは、三脚の部分に補強具が入っているものと入っていないものがあります。

当たり前ですけど、補強具が入っている方が丈夫で耐荷重も大きいです。

補強具がついていない三脚の問題点は、三脚の状態にしたときに、上から強めの力を加えてしまうと、三脚部分の根本のところが破損してしまうところです。

したがって、補強具が入っているものが丈夫でオススメなんですが、三脚を閉じるときに指を挟みやすいデメリットもあります。

指を挟めるかどうかは、慣れの問題だと思うので、補強具がないよりはあったほうが良いと思います。

また三脚の底の部分に、ゴムの滑り止めが付いているタイプとプラスティックのままのタイプがあります。

ゴムが付いていた方が安定感が高いと思いますが、ゴムが付いているタイプが必ずしも自分の欲しいスペックのものとは限らないので、あまり重要視しなくても良いと考えます。

あと、たまにどう見ても底の部分にゴムが付いていないにもかかわらず、ゴム付きであると、平気でウソが書いてある業者もいるので注意してください。

7、LEDライト

LEDライトがあると、動画や顔写真を撮影したときに、明るく写すことができます。

一昔前は、自撮り棒の本体にバッテリーがあり、そのバッテリーから有線で、自撮り棒先端についているLEDライトへ電源を供給する方式でした。(上記HSUの自撮り棒)

ただこの方式ですと、電源供給部分の線が切れたり、接触不良になって点灯しないことがあったらしく、最近では、自撮り棒の先端にもバッテリー付きのLEDが付いており、別途USBケーブルで充電することができます。

8.  4分の1ネジ

4分の1ネジとは、カメラ取り付け用のネジのことです。

GoProや一眼レフカメラを使う方は、強力なバネでスマホを挟む方式ではなくて、4分の1ネジがついている自撮り棒の方が応用範囲が広がり便利だと思います。

以上、8つのポイントを全て抑えたパーフェクトな自撮り棒があれば嬉しいのですが、今のところそのような自撮り棒は販売されていません。

ですので、なるべくパーフェクトに近いものをお勧め自撮り棒として、ご紹介していきたいと思います。

 

三脚付き自撮り棒 お勧めベスト3!!

ベスト3に入る前に、まず参考情報として掲載しておきます。

(参考)Ginova 1/4ネジの雲台付き、Bluetoothリモコン、三脚付き自撮り棒

 

今のところAmazonでの売上はNo.1みたいですが、売れているから買う人が多いのか、それともステマなのかは不明ですが、私の印象としては、リモコンが大きすぎます。

あと持ち手が、収まりの悪そうな三脚そのままの形をしているので持ちにくそうな感じです。

それから重量が235gですから重いです。

 

第3位 KANGKANG 1/4ネジの雲台付き、Bluetoothリモコン、三脚付き自撮り棒

元々2200円くらいでしたが、あっという間に値段が下がって、1700円くらいになっています。


◆お勧めポイント1:シャフトの長さは100cm
長さ100cmも伸びるので、長さはとしては充分です。
シャフトを最長にしてスマホを付けてみましたが、それなりに安定していました。
強風でも吹かない限り、問題ないと思います。

◆お勧めポイント2:軽量コンパクト
重量も168gで軽量でした。ただシャフトはステンレス製です。

◆お勧めポイント3:Bluetoothリモコンはスイッチが保護されており、カバンに入れても誤作動しない。

リモコンのスイッチの上に、スマホホルダーが被さります。

このようにボタンを守ってくれるので、ボタンが押されて電池が消耗するリスクがほぼない構造。これはGoodです!

 

 

あとコンパクトさを追求したがうえの結果ですが、スマホを付ける時に、スマホホルダーを押さえる部分を90度開かないといけません。

欠点は、スマホホルダーのクランプが上下に120°しか回転しないこと。

それからBluetoothリモコンのバッテリーはボタン電池ですが、電池交換しにくい構造であることです。

電池を交換するには、ふたを外すのですが、やり方がよく分からなくて壊しそうな感じでした。

側面からみたところ

◆ボタン電池(バッテリー)の交換方法

電池(バッテリー)の交換には、CR1632のボタン電池を使用します。
(元のバッテリーは1-6か月使用できます)

1. 自撮り棒からBluetooth受信機を取り出します。

2. Bluetoothデバイスの側面で、指で軽く押すだけで蓋が開きます。

3. それから、中に入っているボタン電池を交換します。
(注意:受信機は少し固定されていないかもしれませんので、カードスロットに合わせて装着すれば大丈夫です)

 

このデザインでBluetoothリモコンがUSB充電タイプであれば、かなり推していた商品だと思います。

ちなみに箱はこんな感じです。

 

 

第2位 BlitzWolf Goproカメラ Bluetoothリモコン、三脚付き自撮り棒

かなり評判の良い三脚付き自撮り棒だったHumixx SELFIE STICK SKBZ04(ヒューミックス、セルフィ―スティック)に最も近い類似品です。

ロケットのニュースのGO羽鳥編集長やその他Youtubeでも絶賛されている自撮り棒でしたが、Humixx SELFIE STICK SKBZ04は、今は生産中止で購入することができません。

その代替品として、この自撮り棒は最適だと思います。

◆お勧めポイント1:軽い!小さい!コンパクト!
LEDライトはありませんが、とにかくコンパクトです

◆お勧めポイント2:1/4ネジが付けられる!
本家のHumixx SKBZ04には1/4ネジとスマホホルダーが既に装備されている状況でしたが、BlitzWolfの場合は、付属の1/4ネジの雲台へ変えるとGoProや一眼レフカメラも付けることができます。

◆お勧めポイント3:BluetoothリモコンはUSB充電式で、ボタン部分は凹んでいる
Bluetoothリモコンのボタン部分が凹んでいるので、不意にスイッチが入りバッテリー切れになる可能性が低いのがGoodです!

欠点は、本家のHumixx SELFIE STICK SKBZ04の重量は180gと軽量ですが、こちらは公称222g。

LEDライトが必要ではない場合は、この自撮り棒は良いと思います。

第1位 Yarrashop LEDライト、Bluetoothリモコン、三脚付き自撮り棒

私が最終的に購入を決めた最もバランスが良く優れた自撮り棒。

LED付きを探している方は、これがベストでしょう。


◆お勧めポイント1:三脚の部分が丈夫で安定性が高い!

三脚部分は、ステンレス製の棒タイプのため、持ち手部分のABS樹脂が三脚になるタイプのものよりも丈夫です。
シャフトを伸ばして三脚にしたときの安定性も高い。最長の長さ77cmまで伸びます。

◆お勧めポイント2:LEDライトが付いている
LEDライトは三段階で結構明るいです。

夜、撮影した時にも大変便利ですし、顔や対象物がライトでキレイに映ります。

LEDを全く点灯しない場合

LED1段階目(小)

LED2段階目(中)

LED3段階目(最大出力)

ちなみにLED部分への充電時間は、1時間くらいで充電完了しました。


◆お勧めポイント3:スマホホルダーはネジ式で、270°回転する!

しっかりと固定できる手回しのネジ式なので、安心感があります。

スマホホルダーのクランプが無段階でほぼ270度回転するので、これは満足!
真上の撮影も可能です。

◆お勧めポイント4:軽い!小さい!

重量187g、最短は17cmとサイズも重量も良いです。

◆お勧めポイント5:BluetoothリモコンはUSB充電式
リモコンはBluetoothで本体から分離可能。

USBで充電できます。

フル充電すれば、20時間連続で使用可能。
やっぱり充電できる方が便利です。

この自撮り棒にも、一応欠点は2つあります。

(1)1/4ネジがない
スマホだけ使う予定であれば影響無し。

(2)リモコンのスイッチに出っ張りがあるので、スイッチが入りやすいかも
カバンに入れる時にスイッチを上にして入れるようにすれば
かなり防止できるのではないかと思っています。

スマホだけで使う予定の方であれば、ほぼ完璧な自撮り棒だと思います!

 

実は・・・、この自撮り棒に1/4ネジが付いた「全部入り史上最強の自撮り棒」が存在しますが残念なことに、まだ日本では入手することができません!
もし解禁になったら、すぐに当サイトでお知らせします!
ということで、現状は、これが最強です!

以下に比較一覧表を貼っておきますので、参考にしてください。

三脚付き自撮り棒 厳選比較一覧表

※表の右側が切れて表示されている場合は、右へスクロールするか、スマホの場合は画面を横にしてご覧ください。

お勧め順位 1位 2位 3位 参考
販売者 Yarrashop BlitzWolf KANGKANG Ginova
重量(g) 187g 222g 168g 235g
長さ 17~77cm 20〜81cm 19~100cm 20〜100cm
ホルダー回転・
上下角度
水平360°
上下270°
水平360°
上下225°
水平360°
上下120°
水平360°
上下120°
LED × × ×
リモコン充電 ×
1/4ネジ ×
三脚タイプ ステンレス製の棒 ABS樹脂+
伸縮
ABS樹脂 ABS樹脂
保証 12ヵ月 12ヵ月 12ヵ月
価格(円) ※変化有 2000円 2320円 1688円 2099円
最新価格 Amazonで確認 Amazonで確認 Amazonで確認 Amazonで確認


役に立ったと感じたら、ここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します