賞味期限から1ヵ月以上過ぎた開封済みのヨーグルトを食べてみた【賞味期限切れシリーズ】

2021年3月11日


賞味期限から1ヵ月以上過ぎた開封済みのヨーグルトを食べてみた

またまた今回も賞味期限切れシリーズです。

今回に関しては、かなりチャレンジングな内容で、賞味期限が切れているヨーグルトを食べたのですが、今までのシチュエーションとは毛色が違います!

今まで私がチャレンジしてきた賞味期限切れの食べ物は、すべて基本的に密封されている状態でした。

ただ今回私が食べたヨーグルトに関しては、賞味期限切れ前日くらいに開封して、半分ぐらい食べたものでした

半分食べた後に、そのまま冷蔵庫に入れて、ずっと食べずにいたら、あっという間に1ヶ月が経ってしまいました(苦笑)

今回は、この開封済みのヨーグルトを食べても、お腹を壊さないで、問題なく食べられるかどうかについて検証してみました。

ヨーグルトの実食

今回私が食べたヨーグルトは、森永ビヒダスです。

ちなみに、賞味期限切れ前日くらいに開封したときの食べ方ですが、スプーンで別容器に入れて食べている状態でした。

つまり、直接、何回か口をつけたスプーンでヨーグルトを掬っていたわけではありません。

ただ、当たり前ですけど、空気にはさらされているので、空気中のカビや雑菌が入り込んではいます。

もちろん、保管間冷蔵庫内でしています。
(常温ではありません(苦笑))

さて、このビヒダスですけど、やはり捨てるのはもったいないので、残りも一気に食べることにしました。

まずは、見た目から判断していきたいと思います。


見た目に関しては、カビが入っているような状態ではありませんでした。

それから同時に匂いも確認しましたけど、腐ったような匂いはしませんでした。

ヨーグルト自体発酵食品なので、そういった意味では、腐るとか、痛むとかに対する耐性は強いのではないかと思いました。

最大の難関である、匂いと見た目がクリアできたので、後は黙って食べるだけです(笑)

ヨーグルトを少量、口の中に入れて、様子を見ましたが、取り立てて変な味もしませんでした。

味も問題なかったので、一気にラストスパート!最後まで食べ進めました。

賞味期限切れ1ヵ月のヨーグルトを食べた結果

賞味期限が1ヵ月間も過ぎたヨーグルトを食べた翌日ですけど、腹痛もう一切なく、むしろ、ヨーグルトの効果によってとても快調(快腸)でした!笑

真似をする必要は無いですけど、とりあえずニオイが大丈夫で、味も大丈夫であれば、賞味期限切れ1ヵ月くらいのヨーグルトを食べるのは、全然問題ないのではないかと思いました(笑)

なるべくこのチャレンジには、ほどほどにしたいのですけど、うっかりしてしまうことがあるので、これからは賞味期限を気をつけたいと思います!面白かったらここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します。にほんブログ村