SDGs自販機(フードロス対策自動販売機)は、賞味期限切れマニアにピピっと来る!笑


SDGs自動販売機(フードロス対策自動販売機)は、賞味期限切れマニアにピピっと来る!

数々の賞味期限切れ商品を食べて来た自称「賞味期限切れマニア」(笑)な私ですが、SDGs自動販売機(フードロス対策自動販売機:SDGs自販機)が、このたび富山市役所内に設置されました!

賞味期限が迫った飲み物を通常の半額程度で販売してくれる自動販売機です。

まだ食べられるのに捨てられる「フードロス」を減らすため、SDGs(「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」)にもマッチしています。

フードロスは、国連が2015年に採択したSDGs(持続可能な開発目標)で削減すべき課題の一つに挙げられています。

設置したのは北陸コカ・コーラボトリング(富山県高岡市)さんです。

フードロス対策を目的とした自販機は同社で初めてとのことで、これは画期的ではないでしょうか!!

今のところ、日本には一か所だけで、富山市役所1階市民ホールに置かれています。

正面上部に「フードロス対策自販機」という表示があり、コーヒーやスポーツドリンクなど一部商品を80円で販売中!!


これらの商品の多くは、賞味期限が2カ月を切ったものだそうですが、要するには期限切れではなく、まだ2か月も賞味期限があるわけです。

何でまだ2か月もあるのに半額くらいで処分するのかというと、スーパーやコンビニでは、賞味期限が最低6か月とか1年とかないと仕入れないですよ、という内部ルールがあるんです。

ですので、まだ賞味期限切れまでに2か月あっても、メーカーさんは販売できないです。

これからどんどん増えると良いと思いますし、賞味期限切れのものを10円で販売しても良いと思います。

ドリンクでしたら、1か月くらい賞味期限が切れていても余裕でOKでしょう(笑)

しかも10円で販売したら、1日で完売します(笑)

富山市は政府から「SDGs未来都市」に選ばれ、推進に取り組んでいるので、素晴らしいですね!面白かったらここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します。にほんブログ村