痔でヘリモンド服用 効果とレビュー(その1)

2020年9月4日


痔でヘリモンド服用 効果とレビュー(その1)

仕事柄、座りっぱなしということもあり、また以前、腹痛で1日に5回ほどトイレに行ったことがあったのですが、その時にいぼ痔を患ってしまい、その後遺症が少し残っていました。

ただ最近ちょっと気になりだしたので、対策を立てようと思ったんです。

気になる症状とは、排〇をした後に、ウォッシュレットしていくらお尻を拭いてもなかなかキレイにならないと、時間が経つと痒くなってしまうという状況です、苦笑(^^;)

ヘリモンドが効きそう!?

ネットでいろいろ調べてみたら、小林製薬のヘリモンドという舌下薬があることを発見して、早速薬局に行き買ってみました。

40錠が入って、2440円でした。

ヘリモンドの服用方法

ヘリモンドの箱に書いてある服用方法を読んでも、中身の説明書を見ても、最初はよくわからなかったんですけど、結局、1回あたり1錠か2錠を服用する形です。


摂り方は、舌の下に2錠を入れて、大容量で服用した方が効果があるとの情報があり、短期で治したいので、今のところ、1回につき2錠のパターンで摂取しています。

舌下錠なので、ベロの下に錠剤を入れてじっとしているだけで、ok。

錠剤は意外と小さいです。

約10分ほどすると、自然になくなっています(笑)

あと、ヘモリンドだけではなく、ボラギノール(塗り薬)も併用しています。

これで一気に1週間くらいで症状を改善させたいと思っています。

ヘモリンド服用状況

昨夜19時半で1錠、昨夜23時半で2錠服用しました。

あとジオナオールも塗っています。

翌朝を迎えて、まだ改善の実感は無しです(笑)

「その2:完結編へつづく」


役に立ったと感じたら、ここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します