使用済み不織布マスクを沸騰したお湯で煮沸消毒して、再利用してみた

2020年3月3日


使用済みマスクを沸騰したお湯で煮沸消毒して、再利用してみた

新型コロナウィルスの爆発的な感染者数の増加が、連日ニュース報道されて、人々の不安を煽っているせいか、ドラッグストアの店頭からマスクが消えてしまいました。

ついに1週間前までは、マスクが山積みに売られていて、買い溜めなんてする必要ない状況でしたが、今日ドラッグストアに行ったところ、どこに行っても完売でした💦

ネットオークションを見ても、マスクの値段がどんどん上がっています!

ヤフオクでは、通常価格の4倍以上の金額が付いており、事前にまとめ買いしていた猛者が、今のこのタイミングで一斉に大量売却してきています。

マスクの販売ロットが最低でも10箱とか、多い人だと40箱とか50箱を1ロットにしてネットオークション上で販売しています。

1万円分のマスクを買った人は、40,000円以上で転売できている状況なので、純利益は30,000円もあるわけです。

中国ならいざ知らず、日本でもまさかこのような事態になるなんて思っていませんでしたが、リスクを取ってマスクの買い占めに動いた人は、今そのリスクがリターンとして戻ってきているんだと思います。

使用済みのマスクを再利用してみる

現在、マスクが購入できない状況ですが、やっぱり毎日マスクをつけていないと不安と言う方も多いと思います。

買いたくても買えないなら、使用済みマスクを再利用するしかありません!

今回はマスクを熱湯で煮沸消毒してみたら、再度使えるかどうかと言う実験をしてみました。

使用済みのマスクはゴミ箱に捨てずに自転車掃除用で10枚ほどキープしていました。

ので、今回はそれを使って、お鍋で煮てみました(笑)

使用済みのマスク
使用済みのマスク↑

使用済みのマスクのニオイについて

マスクを1日つけっぱなしにしていると、どんどんマスクが臭くなっていくのがわかると思います。

明らかにマスク上で、細菌がどんどん増えており、口の周りの皮膚のタンパク質などがマスクに付いて、それが呼気によってほどよく温められると、マスク上にばい菌がどんどん繁殖していく状態になっていくんだと思います。

もちろんマスクの外側には、外気に接しているのでばい菌とかも付いていると思いますから、どんどんマスクは「スの入ったようなニオイ」というか、何ともいえないニオイになります。

とにかくマスクが自体が臭くなって、マスクをつけているのが苦痛になってくるようなニオイです💦

これが使用済みマスクの匂いです。

熱湯で煮沸消毒することにより、このくさい臭いが取れるかどうかがポイントになってくると思います。

マスクを煮沸消毒した時間は5分間

一般的に、煮沸消毒の時間は5分間あれば菌が100%死滅すると言われています。
今回も、5分間の煮沸消毒をしてみました。

まずはマスクを鍋に入れます

お水を鍋に投入!

煮ます!

蓋を乗せて、煮ました!

お湯の中にマスクを入れてグツグツ煮てみて気づいたことは、マスクは軽いので、お湯が沸騰してくると、どんどん浮いてきてしまうということです。

ただそうは言ってもお鍋にフタをしていますし、水が蒸発して水蒸気になっている状態では、ほぼ100度に近い状態だと思いますので、充分、殺菌できたと思っています。


煮沸消毒したマスクを天日で干す

熱湯で煮沸消毒したマスクを、手で一切触らずに、ハンガーにかけて天日で干してみました。

手で触ってしまうと、指のばい菌がマスクに付いてしまうと思うのが嫌だったからです。

お箸で持ち上げました(笑)

ただよく考えたら、ハンガーで外に天日干ししていると、空気中に浮遊しているばい菌がマスクにもつくんじゃないかと思いました(笑)

ただ水分を抜くには、外で干すのが1番かなと思い、今回は天日干しを選択しました。

約6時間で、完全に乾きました!

乾燥後のマスク

乾いた後のマスクは、結構しわしわになっています。

見た目はしわしわでも、熱湯消毒しているわけですから、清潔なはずだと思いました。

煮沸消毒して、天日干ししたマスクを実際につけてみた

さていよいよ、天日干しして乾いたマスクをつけてみました!

付けたすぐ感じたのは、変な匂いです(苦笑)

新品のマスクの匂いではありません!

どちらかと言うと、布団を干したときの匂いみたいな感じです(笑)

長時間もう息を吐き終わった後の、スの入ったようなニオイはしませんが、また別の嫌な感じのニオイはします。長時間は付けられない感じです・・・💦

結論としては、新品のマスクとは違うニオイなので、失敗だったと思います・・・。

何が失敗だったのか考えてみました

1.お湯の中にきっちりマスクを沈めるべきだったのではないかと思います。

普通の人がマスクをお鍋で煮る事はないと思いますけど、もしマスクをお湯で煮沸消毒したいときは、重しを入れておきマスクを沈めておくべきだと思います。

2. 乾かし方
外に干してしまうと、かなりちりやほこり、雑菌などがつく感じですので、洋服を干すのとは、違うと思いました。

ですので、乾かす時は、室内にするか、乾燥専用機器みたいなものがあれば、それで乾かしたほうが良いような気がします。

ちなみに、マスクをお湯で煮るときに、レモン汁とかの、匂いが消えるようなアロマ的なものを入れておくとより良いのではないかと思いました。

第二弾、石鹸や洗剤で洗ってみた

もし良かったら、第二弾の使用済みの使い捨て不織布マスクを石鹸や中性洗剤で洗ってみた https://saving.if8x.com/?p=1126

もご一読ください。第一弾よりは、良くなっていると思います。

第三弾 これが究極のマスク再生法でした!

ぜひご一読ください!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

使い捨てマスクを殺菌して再利用する究極の方法!入れ歯洗浄剤(ポリデント)の溶液に浸けると新品同様の仕上がり!【保存版】https://saving.if8x.com/?p=1198

もしかして使用済みのマスクをスチームアイロンをかけるのがベスト!?

もしかすると、今すぐを殺菌するのに最も効果的なのは、スチームアイロンでプレスすることなのかもしれません。

熱と蒸気で一気に高温になりますし、それで菌も死滅するでしょうし、さらにすぐに乾燥するはずですから、お湯で煮たものを干すよりも、清潔でクリアな感じになるのではないかと思いました。

スチームアイロンで使用済みマスクをプレスして、再利用できるかどうかの検証については、また次回試してみたいと思います。
楽しみにしてください!
面白かったら、ここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します。