滝川ふれ愛の里のコテージに宿泊した意外な感想

2020年10月20日


北海道滝川市にある滝川ふれ愛の里のコテージに宿泊した感想

もし北海道旅行に行ったときに、旭川市か富良野市に泊まる予定の方がいれば、穴場として滝川市に泊まることをお勧めします。

北海道旅行をされる方は、レンタカーに乗って、北海道を周遊するパターンがほとんどだと思いますけど、想定される大体の周遊ケースでは、札幌の新千歳空港から空路で入り、東ヘ向かい帯広を通って摩周湖、または釧路方面に寄ってから北上して網走の方や知床のほうに行き、その後で、国道39号線を通って、旭川方面から富良野に入る(地図の赤いルート)

もしくは再び国道274号線で帯広の方へ向かい、そこから国道38号線を通って、富良野へ向かうルート(青線ルート)が多いと思います。

やっぱり北海道に来たからには、富良野、美瑛は外せませんよね。

そして富良野や美瑛で宿泊するのも良いんですが、意外と宿泊費が高いんです。

富良野や美瑛は北海道観光の目玉であり、

例えばここですと1泊2万円。

リーズナブルに安く宿泊しようとする、ペンションになると思います。

ホテルとかは一泊20,000円以上をしたりするのでカップルであればまだ良いんですけど、4人や5人といったファミリー旅行で宿泊しようとしたら、かなりの出費になってしまいます。

もし4人家族は5人家族のファミリーで宿泊されるのでしたら、車で1時間20分ほど走ったところにある滝川市の滝川ふれ愛の里コテージをお勧めします。

滝川ふれ愛の里コテージについて

滝川ふれ愛の里
※写真は滝川ふれ愛の里HPより引用

このコテージは、人数にかかわりなくまるまる一棟を定額で宿泊することができます。

私が調べた中では、家族連れの場合は、最もリーズナブルなプランだと感じました。

滝川ふれ愛の里の宿泊価格

宿泊は、コテージ一棟5名まで18,850円です。

もし家族5人で宿泊した場合、一人当たりの宿泊費用は4000円弱になりますので、とてもリーズナブルです。

家族4人で宿泊しても、素泊まりですが1人5000円もいかないので、やはりリーズナブルだと思います。

広さ的には、一棟10名まで泊まれる広さなので、かなりゆったりとぜいたくな感じで過ごすことができると思います。

滝川ふれ愛の里には、温泉もある!

ちなみにこの滝川ふれ愛の里と言うのは、メインは温泉施設があり、日帰り温泉のような感じで大きな天然温泉にゆったり浸かれますし、温泉施設の中にはお食事処もあるので、そこでゆっくりくつろぐことも可能です。



※写真は滝川ふれ愛の里HPより引用

ちなみにお食事の名物は、中空知産のそば粉を使用した朝打ちそばだそうです。
そばの他にも、天丼セット、かつとじ丼セットなどもあります。

コテージ宿泊客は、滝川ふれ愛の里の温泉についても無料で利用することができます。
温泉は、夜21時30分最終入場で、夜の22時までお風呂に入りますから、焦らずにお風呂に入れると思います。

また床屋さんや、タイ式マッサージなどのマッサージケアの施術も受けることができるので、まるでホテルのような感じです(笑)

松尾ジンギスカン本店が至近!

食事に関しては、せっかく北海道に行ったので、滝川ふれ愛の里から、車で10分ほど走ったところにある、松尾ジンギスカン本店にぜひ行ってみてください。
松尾ジンギスカン本店
※写真は松尾ジンギスカンHPより引用

本店には大きな駐車場もありますし、ファミレス席のようなゆったりとした座席でおいしい新鮮なジンギスカン鍋を味わうことができます。

旭川や、富良野でもジンギスカン鍋を食べさせてくれるところはありますが、私が調べた中では、やはり松尾ジンギスカン本店の評価が1番高かったです。

もし松尾ジンギスカンで、お食事をする場合は、ホームページにアクセスをして、お得なクーポンを入手することをお勧めします。
スマホの画面を見せることによって、ソフトドリンクが無料になります。

ちなみに、「松尾ジンギスカン」に関しては、旭川や富良野あたりに同じ名前ですが、違うロゴのお店があり、紛らわしいので注意してください。

滝川ふれ愛の里には、食事付きのセットがないため、松尾ジンギスカン本店の帰り道にあるセイコーマートで明日の朝食を買ってから帰りましょう。

もしくは、滝川ふれ愛の里の温泉施設内にあるお食事処は朝8時から開店しているので、外で食べることもできます。

滝川ふれ愛の里コテージ 宿泊の感想

実際にコテージに宿泊した感想について書きたいと思います。

まず通常はレンタカーで行くと思いますが、コテージの前には駐車場があり、そこに車を止めることができるので、車を止めてからコテージの入り口がすぐ真裏になります。

ただ気をつけなければならないのは、このコテージの駐車場の後ろのところにx形の鉄の棒がクロスで通してあり、夜暗いと、そのxが見えずに、顔面を強打することになりますのでかなり注意してください。

私もメガネを壊すところでした💦

宿泊の前には、温泉施設のフロントに行って鍵をもらってきます。

支払いは確か現金のみでした。

鍵をもらった後に中に入りますと、吹き抜けのリビングがあります。

私が泊まったのは人でしたので二階もあります。

1階の奥には、ベッドが2つあり、そこで寝ることももちろんできますし、2階の広間に布団をひいて寝ることもできます。

布団は2階に人数分あるので、1階のベッドでも2階の広間でもどちらでも好きなところで寝ることができます。

1階にはキッチンとシャワールームがあります。

キッチンには食器はもちろん、冷蔵庫や電子レンジもあります。

あとシャワールームにはボディーソープもありました。

トイレはもちろん温水洗浄便座です。

宿泊して特に大きな問題はなく、快適に過ごすことができました。

コテージ内部を動画で撮りましたので、よかったらこれをご覧ください。

私が泊まった時期はちょうど7月後半の夏の時期でしたが、さすが北海道だけあって夜は涼しく、エアコンはほとんど必要ありませんでした。

あと1つだけあえて注意点をあげるとしたら、やはり夜になると虫が出てくるので、コテージに入る時は素早くドアを閉めたほうがいいと思います。

それから、コテージのすぐ裏には川が流れているので、そこを眺めているのも気持ちが良いものです。

ぜひ滝川市で宿泊する機会があったら、滝川ふれあいの里チャレンジしてみてください。

面白かったらここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します。にほんブログ村