お金を稼ぐ方法論

2014年10月11日


世の中には、いろいろなお金の稼ぎ方がある

会社に勤める、アルバイト、パート、株、FX、投資信託、金、債券、不動産、賞金稼ぎなど、その手段は多彩です。
どれが良いかは人それぞれななので、一概に決めることはできませんが、自分に合った投資方法を見つけるのが一番です。
このブログでは、お金稼ぎになるためのヒントを提供していきたいと思っています。

お金を稼ぐ=「実行力+アイデア」

アイデアがあっても実行しないと意味がありません。熟考していつまでも何もしない人よりは、何も考えずとりあえずやってみる人の方がお金が稼げます。「実行!」これこそが一番大事なのです。

商売でも良いですし、投資でも良いです。過去の成功者を見れば分かりますが、皆、実行力はありました。失敗しても良いんです。失敗したら、それを糧にして、また再挑戦すれば良い。命あるかぎり、いくらでも挑戦は可能です。


大きく稼ぐには、人の力を借りること

自分1人の力では限界がありますし、大きく稼ぐことはできません。
例えばサラリーマン大家として稼ぎたい場合、自分の資金を使うのはあまり賢くありません。銀行に金利を払ってでも銀行からお金を借りて、そのお金で不動産投資をすべきなのです。銀行への返済が月10万円、家賃収入が15万円であれば、キャッシュフローベースでプラス5万円です。この状態になるように細心の注意を支払って投資をしていけば、他人のお金でいくらでも資産を増やすことができます。

商売も同じです。1人では限界がありますので、他人の力を借りることによって、いくらでも大きくなることが可能です。

他人のお金を使う、他人の力を借りる、他人のアイデアを利用する

レバレッジを利かした投資を行う。これがお金を稼ぐ真骨頂になります。

このブログでは、これから、いろいろなお金稼ぎのヒントをご紹介していきたいと思っていますので、ぜひ継続してお読み頂ければ幸いです。