沖縄本島で、星の砂が無料で採れる場所(砂浜・ビーチ)と星砂の見つけ方のコツ

2020年10月20日


沖縄本島で、星の砂が無料で採れる場所(砂浜・ビーチ)と星の砂の見つけ方のコツ

星の砂を見つけてみたい!

と思っている方は、意外と多いのではないでしょうか(笑)

 ← 詳細はクリックで確認できます

いま上の写真から見ていただいて分かったと思いますが、意外と”良いお値段”します(苦笑)

星の砂を見つけたいと思って、どこにあるかと考えたときに、真っ先に思いつくのは沖縄地方です。

あとせっかく沖縄に行くのであれば、星の砂とか見つけてみたいですよね。

ネットで「星の砂 沖縄」というキーワードで検索をすると、トップページに出てくるのは、石垣島とか、竹富島、波照間島、八重山諸島、西表島といった、沖縄の離島が検索結果に出てきます。

ただ、沖縄観光に行く時に、必ずしも離島に行けるとは限りませんし、圧倒的に沖縄本島に行く方が多いのではないかと思います。

ですので、沖縄本島のビーチで星の砂が取れれば、言うことありません!

そこで、「沖縄本島 星の砂」というキーワードで検索をすると、トップページで検索されるのが、「天然タッチプール」!?と呼ばれる場所になります。

この天然タッチプールですが、どこにあるかは知りませんが、もちろん無料ではなく、貸切ツアーに参加するという形になります。料金はなんと大人で5000円、中学生以下3000円、幼稚園児とかも含まれます。
無料になるのは歩けない赤ちゃんくらいです(苦笑)

小学生の子供が2人いる家族4人で、ここのタッチプールに行った場合は、それだけで出費が16,000円になります。とてもじゃないけど高くてたまりませんね!💦

こんな場所へ行かなくても、探せば沖縄本島でも、無料で星の砂を採れるビーチを見つけることができます。

あとやっぱり、星の砂を採るんでしたら、自然環境の中で、宝探しをするような感覚で星の砂を探すのが1番面白いですし、子供の教育にも良いと思います。

今回あまりネットには載っていないと思いますけど、沖縄本島で、無料で星の砂が採れる場所をご紹介したいと思います。

沖縄本島で、無料で星の砂が採れるところ

今回、沖縄本島で、無料で星の砂が採れるビーチをご紹介しますけど、1つ条件がありまして、必ずやっぱり車が必要です。レンタカーを運転できることを前提にしてご説明をします。

沖縄本島で、星の砂が採れる砂浜、ビーチはどこか?

普通に考えれば誰でもわかるんです。要するに、「人があんまりいない砂浜」に行きさえすれば、星の砂を見つけることができます。

この方針で間違いありません!

ですのでGoogleマップの道路地図、Googleマップの航空写真などを駆使して、人が入りにくいような砂浜に行けば、容易に星の砂を探すことができます。

例えばこんな感じのところ↓

それから、車で行ける離島も狙い目です。

沖縄の場合、東海岸ですと宮城島、伊計島、浜比嘉島、和のほうに行けば、瀬底島、屋我地島、古宇利島といった離島に、車で行くことができます。

赤丸の離島エリアは狙い目です!
沖縄離島

これら、離島のビーチには、星の砂がある確率が非常に高いです。

1つだけ例で言うと、古宇利島の最北端に、「トケイ浜」という砂浜があります。

ここで星の砂を無料で採ることができます。

古宇利島トケイ浜のどこに星の砂があるのか?

トケイ浜のどこで星の砂が採れるのか?

まずレンタカーで、トケイ浜へ行く必要がありますけど、トケイ浜のすぐ横には駐車場があり、5、6台ほど停められる駐車スペースがあります。

そこに車を停めてから、階段を下って浜へ向かいます。

トケイ浜

トケイ浜の正面向かって左側のほうに向かうと、ちょうど海と砂浜の境目あたりに岩があります。

潮が引く干潮の時間帯では、トケイ浜の正面向かって左側には、岩場がむき出しになり、その岩場の手前の所の砂浜で星の砂を見つけることができます。

この写真の右側にある岩場のあたり↓

星の砂を見つけるために持っていったほうがいい道具

1番のオススメは、100円ショップで売っている黒い植木鉢の底に置くプラスチック皿です。


星の砂を見つけるために持っていったほうがいい道具

大きさは、直径30センチ位あった方が星の砂の発見がしやすいと思います。

とにかく、ビーチの砂を薄く広く広げて、見ていく必要があるので、平らに伸ばせる道具は必須ですね。

色は黒の方が、圧倒的に見やすいと思いますので、黒とか、紺がオススメですが、もしなければ茶色でも大丈夫です。

星の砂を発見できる砂の種類

沖縄の砂は、総じて色が白っぽくて、とてもきれいなサンゴの砂です。

そんな中で、星の砂を発見するためには、星の砂を見つけられる砂の種類を見極める必要があります。

闇雲に砂浜を見に行っても、星の砂は見つかりません。

星の砂を見つけることができる砂の種類ですけど、粒子が荒い砂があるところを探します。

粗い粒子の砂

砂浜をよく観察していると気づくと思いますけど、細かい粒子の砂、粗い粒子の砂のゾーンがあります。

細かい砂の粒子は、多くの人に踏まれてしまって、星の砂が砕けてしまった状態の砂浜と言うことをができます。

こんな感じの場所には、星の砂はない!

つまり人がいっぱい入り込むようなビーチでは、星の砂を見つけることができないんです。

ただし、もしそこのビーチに大きな岩とかがあり、その岩の下にくぼんだ場所があり、そこの砂が誰にも触れられずに手付かずであるならば、そこに星の砂がある可能性はあります。

ビーチの真ん中とかよりは、岩のそばにあったりすることも多いですね。

以上の理由から、星の砂が見つかりやすい海岸は、なるべく人の少ない海岸ということになるんです。

星の砂はこんな感じで見つかります!

星の砂

 

星の砂

星の砂が見つかったら、100円ショップとかに売っている小さなプラスチックのケースとかに移して、どんどん貯めていきましょう。

もし、あなたが沖縄県以外の在住者で、自分の家に沖縄の砂を持って帰って、家でゆっくり星の砂を探したい場合は、ペットボトルに星の砂が見つかったゾーンの砂をペットボトルにどんどん詰めていってください。

その砂の中に海水が入ってなければ、預入の荷物や、手荷物として飛行機の機内に持ち込むことができます。
家に持ち帰った砂は、風のないよく晴れた日に、ベランダとかにチラシの上をして、その直天日干しすると良いと思います。


天日干しすることによって砂がサラサラになりますし、変な匂いもなくなるでしょう。
星の砂は、慣れてくると、すぐに見つかるようになるので、まずは上で説明した内容を実践していただき、チャレンジしていただければと思います。

これなら星の砂を見つけられるなと思って、役に立ったと感じたら、ここをポチっとクリックして応援よろしくお願い致します